2007年07月30日

参議院議員選挙結果

先日テレビで金美齢さんが、いいかげん、ある一方方向にわーっといっちゃうのは止めにした方がいいのではという趣旨の発言をされていた。自分も、金美齢さんの発言に賛成である。

今回の選挙は、年金問題を追い風に、前回の郵政劇場と同様に、違う方角に風が吹いた結果なのだろう。

安倍政権は、戦前回帰主義を旗印に、小泉政権の格差肯定路線を引き継ぐ形で政権運営をやってきた。年金とか、閣僚の不祥事とか、そういう問題ではなく、もっと本質的な国家経営の方向転換を狙っているのが、安倍「美しい國」政権である。

今回の選挙結果が、「美しい國」路線の如何を問う選挙であれば、こういう結果にはならなかったもしれない。自分は、今回の選挙は、憲法改正を含めた「美しい國」づくりに対する冷静な審判でなされるべきだったのではないかと思う。そして、はっきり「美しい國」づくりに対するレッドカードを出してほしかった。

自分の今の気持としては、「格差と戦前回帰路線」さえ止めてくれたら、自民党政権のままでもいいと思っているくらいである。

最後に、今回の選挙で落選された片山虎之助氏のあいさつを聞いていたら、長篠の戦いで戦死した武田家の名臣馬場信春を思い出した。武田勝頼と安倍首相をだぶらせる意味ではなく、なんとなく、歴史的敗北と共に散った大物という印象。
posted by JOJO at 09:52| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。