2009年02月09日

中田永一『百瀬、こっちを向いて。』(祥伝社)

この本は、○○という有名作家が別名義で書いた恋愛小説の短編集である。

恋愛小説という言葉はやや適切でないかもしれない。実際、話は恋愛にまで発展するものはなく、その一歩手前で終わってしまう。恋愛手前の微妙な心理状態を描いたものである。4編の短編の主人公はほぼ皆高校生で、40過ぎたおやじが読むような内容でもないのだが、先に書いた北上次郎氏が『SIGHT』の書評対談で絶賛していたので昨秋に買ってしまった。それもハードカバーの単行本。文芸関係でハードカバーなんて買ったのは人生で初めてのような気がする。

4本のうち3本はすでに既刊の単行本や恋愛小説誌に掲載されていたもので、1本だけが本書のために書き下ろされたものである。自分はタイトル作の「百瀬、こっちを向いて。」がお気に入りで、同作の初出である、恋愛小説アンゾロジー『I LOVE YOU』(祥伝社)の文庫本も買ったほどである。ちなみに、本書に収められた同作は『I LOVE YOU』に掲載されたものが加筆修正されている。自分の印象しては、話のつながりや心理描写がわかりやすいのは、初出の『I LOVE YOU』掲載のもので、本作では、割と話がさばさば進むように感じた。ただ、「百瀬」という、本作の主人公が好きになる女の子のさばさばした性格を考えると全体がすっきりした印象の本作収録のものが良いように思う。

ところで、この○○という有名作家は、乙一という人のようであるが、自分はその名前を知らなかった。つまり自分にとって、中田永一も乙一もそう変わらないということになる。知らないというのは怖いことだ。(後で調べたら乙一ってとても有名な作家であることが判明)有名でも知らないものは知らない。世情に疎すぎるというか、せめて「ゆず」と「コブクロ」の違いくらいはわかりたいものである。

余談だが、祥伝社といえば、五島勉のノストラダムスシリーズの出版社だよな。関連ものとしてファティマの予言とかも読んでいた。ユングの心理学の話なんかも出てきて、結構自分の人格形成に影響を受けた気がする。はたしてノストラダムスの大予言はどうなったのだろう。自分は、1999年に人類は滅亡しなかったじゃないかと手放しでいえるほど、世の中は良くなっていないように思う。


posted by JOJO at 20:31| ロンドン ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。