2009年02月24日

仮面ライダーディケイドは

仮面ライダーディケイドは、平成仮面ライダーシリーズの10作目ということで、仮面ライダークウガ以降の仮面ライダーがすべて登場する、いわば禁じ手的な番組である。

ウルトラマンシリーズ誕生40周年記念番組「ウルトラマンメビウス」も、単にウルトラ兄弟という世界観を共有するというだけでなく、後半部は、週代わりにウルトラ兄弟が登場していて、これも禁じ手的な番組であった。

禁じ手的な番組は、それがゆえに非常におもしろいのも事実で、メビウスは子供と一緒に大いに楽しんだりもした。仮面ライダーディケイドのその禁じ手的な魔力はすでにうちの子供を魅了し、まだ番組が始まって1ヶ月しか経っていない今の時期にですでにディケイドのベルトを買ってしまう始末である。ちなみに、ディケイドのベルトはそれぞれの平成ライダーのカードをベルトに装着すると、それぞれのライダーの特徴的な音が鳴るというすぐれものである。

ところで、「DECADE」という英単語、最初に出会ったのが今から30年前、ゴダイゴの「OUR DECADE」というアルバムを聴いたときのことだ。

この「OUR DECADE」、ゴダイゴが一番売れていた1979年の発売だが、ヒット曲を連発する人気グループの売れ筋作品ではなく、歌詞もすべて英語のなかなか意欲的な作品に仕上がっていた。同時期に発売されたアルバムにサザンオールスターズの「10ナンバー・からっと」(名曲「ラチエン通りのシスター」収録)があるが、その時点でのバンドとしてのキャリアの違いはあるものの、「OUR DECADE」の方が遥かにプロフェッショナルな音楽に聞こえる。

その後、サザンオールスターズはモンスターバンドになり、ゴダイゴは1〜2年の短い間流行っただけで、やがて解散してしまう。サザンも大好きだけど、改めて聴くと、ゴダイゴもなかなかだなと思う、如月の夜でした。



posted by JOJO at 20:58| ロンドン ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

ディケイドからサザン、ゴダイゴへの流れは凄いですね。

さてさて、ディケイドですが、クウガとか配役が違うから何か見ていて違和感があるんですよね。

キバも渡を子供時代にしての登場だけど、本当のキバの話と話が繋がらなくて、あれは違和感だらけですよ。

Posted by しおぎ at 2009年02月24日 21:54
自分は響鬼と電王くらいしかちゃんと見ていないので、今のところ違和感も感じない代わりに、おおっという感慨もないまま見ております。最近オリジナルクウガをレンタルで見ましたが、響鬼みたいに不思議な雰囲気の番組でしたね。
Posted by JoJO at 2009年02月24日 22:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。