2011年10月04日

荒尾競馬場廃止を考える

荒尾競馬場廃止を考えるというタイトルにしたが、本当は何も考えていない。

自分が競馬をするようになって20年近くになる荒尾競馬場に何度足を運んだろうか。熊本県に住んでいても、おそらく片手で足りるくらいしか行ったことがない。

はじめて荒尾競馬に行ったのはウイニングチケットがダービーを勝った年の春。
当時、自分は競馬を始めたばかりだったが、何を血迷ったか、初心者でありながら馬名の画数で馬券を買うという方法で競馬をやっていた。桜花賞、皐月賞とこのやり方でうまくいき、味をしめた当時の自分は荒尾でもやってやろうと荒尾競馬場に乗り込んだ。結果はあまりパッとせず、それ以来荒尾競馬に行くことも滅多になかったし、その年のヤマニンゼファーが勝った痛恨の天皇賞(秋)の時は、競馬番組表解読という予想法に夢中になっていた。まだ独身の頃のことだ。

結婚して子供ができて、妻と子供と一緒に1〜2度行っただろうか。中央競馬の競馬場と違って、あまり女・子供と行くところではない、鉄火場だ地方競馬は。

競馬はかなり好きな方だが、同じ県内にありながらなかなか足を運ぶことはない、そんな競馬場だった。そういう自分の行動からも、廃止もやむなしかとも思う。

画数馬券で一発やってやろうと初めて荒尾に乗り込んだ日は確かゴールデンウイークで天気も良かった。競馬を始めたばかりで、意気揚々としていた当時が懐かしい。

廃止前にせめて子供も連れてビデオ撮影でもすることにしよう。
posted by JOJO at 22:31| ロンドン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 熊本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。