2007年12月12日

今年の漢字は「偽」

日本漢字能力検定協会が募集する「今年の漢字」が今日発表された。今年を象徴する一文字は「偽」。

「選挙ですから『年度内にすべて』と縮めて言った」
→年金問題に関する町村官房長官の釈明。

ありえません。ミートホープ、赤福、船場吉兆も吹っ飛びました。

国政選挙だぞ・・・これ以上の偽装はありません。

やっぱり、少し勘違いしてる。増税でも何でもいいけど、言ったら選挙に負けるからと言うのはありえません。

国民が間違った選択をするかもしれないとか、余計なお世話。間違った選択をしようがしまいが、事実を伝えて政策の是非を問うのが少なくとも今の日本の根本的ルール。上からものを判断してもらう必要はまったく不要。

そんな理屈がとおるなら、ミートホープも赤福も船場吉兆も無罪放免だよっ。処理できないものはできないって、それは民主党が政権とってもできませんって、選挙前に開き直ればいいんだよ。何言ってるんだ、全く。

ラベル:今年の漢字
posted by JOJO at 19:05| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。