2009年02月24日

仮面ライダーディケイドは

仮面ライダーディケイドは、平成仮面ライダーシリーズの10作目ということで、仮面ライダークウガ以降の仮面ライダーがすべて登場する、いわば禁じ手的な番組である。

ウルトラマンシリーズ誕生40周年記念番組「ウルトラマンメビウス」も、単にウルトラ兄弟という世界観を共有するというだけでなく、後半部は、週代わりにウルトラ兄弟が登場していて、これも禁じ手的な番組であった。

禁じ手的な番組は、それがゆえに非常におもしろいのも事実で、メビウスは子供と一緒に大いに楽しんだりもした。仮面ライダーディケイドのその禁じ手的な魔力はすでにうちの子供を魅了し、まだ番組が始まって1ヶ月しか経っていない今の時期にですでにディケイドのベルトを買ってしまう始末である。ちなみに、ディケイドのベルトはそれぞれの平成ライダーのカードをベルトに装着すると、それぞれのライダーの特徴的な音が鳴るというすぐれものである。

ところで、「DECADE」という英単語、最初に出会ったのが今から30年前、ゴダイゴの「OUR DECADE」というアルバムを聴いたときのことだ。

この「OUR DECADE」、ゴダイゴが一番売れていた1979年の発売だが、ヒット曲を連発する人気グループの売れ筋作品ではなく、歌詞もすべて英語のなかなか意欲的な作品に仕上がっていた。同時期に発売されたアルバムにサザンオールスターズの「10ナンバー・からっと」(名曲「ラチエン通りのシスター」収録)があるが、その時点でのバンドとしてのキャリアの違いはあるものの、「OUR DECADE」の方が遥かにプロフェッショナルな音楽に聞こえる。

その後、サザンオールスターズはモンスターバンドになり、ゴダイゴは1〜2年の短い間流行っただけで、やがて解散してしまう。サザンも大好きだけど、改めて聴くと、ゴダイゴもなかなかだなと思う、如月の夜でした。



posted by JOJO at 20:58| ロンドン ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

ヤッターマン

先週の月曜日から「ヤッターマン」が始まったので子供と一緒に見ている。オープニングの主題歌が話題になっていたようだが、今週はそれを意識してかどうかわからないが、少し話が展開した後主題歌という、変わった位置で主題歌が流れていた。子供に昔のヤッターマンのDVDをレンタルしてきて見せているが、昔のオープニングの方が独得の勢いがあるのは事実。それにしても、30年近い前の作品とは思えないほど、昔の作品を見てもおもしろいし、今のヤッターマンもおもしろい。仮面ライダー電王も終わったことだし、子供には、これを機に日曜のテレ朝子供番組は卒業させて、ヤッターマンに専念させようと思っている。
ラベル:ヤッターマン
posted by JOJO at 18:41| ロンドン ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

帰ってきた時効警察

熊本では放送が遅れていて、今週が最終回のテレビ朝日の深夜ドラマ「帰ってきた時効警察」。

オダギリジョーをはじめ、すべての主演者がいい感じで、セリフや、間も0.8テンポずれ気味。このずれ加減がたまらない。

番組が始まった頃から気になる番組ではあったが、夜中に起きてまで見る気力がなくて、最近録画して見始めいっきに虜に。

続編求む。
ラベル:時効警察
posted by JOJO at 20:42| ロンドン ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

ウルトラマンランド11周年特別イベント

今日はウルトラマンランド11周年特別イベントということで、現在放映中の「ウルトラマンメビウス」で活躍中のイカルガ・ジョージ隊員こと渡辺大輔さん、カザマ・マリナ隊員こと斉川あいさんがライブステージに登場。会場は、これまで見たことがないくらいの人出で、生で見る俳優はとてもかっこよく、また、かわいかった(自分も生マリナ隊員としっかり握手)。

「ウルトラマンメビウス」の放送もクライマックスを迎えていて、毎週のようにウルトラ兄弟が出てくる。

最近おもちゃ売り場にに行くと、どこの店もウルトラマンのソフビ人形が品切れ気味で、ある時店の人に聞いてみたら、「ウルトラマンメビウス」の人気のせいで、生産が追いつかない状況なのだとか。

やっぱりウルトラマンは6兄弟が基本か。
posted by JOJO at 20:40| ロンドン ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

TBS日曜劇場「華麗なる一族」

新しく始まったテレビドラマを毎回チェックする訳ではないが、TBSの「華麗なる一族」は毎週見ている。

木村拓哉主演の話題のドラマであるが、見ようと思ったきっかけは、多くの人と同じように、西田敏行と武田鉄矢が出演しているからだ。

今のところこのドラマの見所は西田敏行と武田鉄矢のいぶし銀の演技と北大路欣也扮する万俵大介の活発な性活動にあるといっていいだろう。


ちなみに、西田敏行は、同じくTBSで1月から始まったナショナル劇場(月曜8時いわゆる水戸黄門枠)の「浅草 ふくまる旅館」で主演していて、こちらもは「華麗なる一族」同様お薦めの人情ドラマである。

「華麗なる一族」は、人情ドラマではなく、人間ドラマか。

posted by JOJO at 19:17| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(3) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

ちゅらさん4

今日「ちゅらさん4」の後編(前編は先週の土曜日に放映)が放映されるがちゅらさんの弟・恵達役の山田孝之は結局出演しないらしい。

先週の放映時、山田孝之も大物になったのでもう出演したくないのかなどと思って見ていたが、それに近い記事が掲載されていた。

国仲涼子は、まさに「ちゅらさん」そのもので、このちゅらさんのイメージがこの人のタレント生活の幅を狭めているのは想像に難くない。山田孝之も、もう恵達なんて呼ばれたくないのだろう。

自分は人情ドラマが好きなので、「男はつらいよ」やこの「ちゅらさん」は放映があればできるだけ見ている。

雑誌「サライ」(小学館)の寅さん特集で寅さんの妹役さくらを演じ続けた倍賞智恵子さんのインタビューが掲載されていて、その中で、倍賞さんは、「正直、さくらさん役をちょっと休憩したいなと思ったこともありました。どこへ行ってもさくらさん、さくらさんっていわれますから。でもそれがいかに素晴らしいことかを教えてくれたのはお兄ちゃん、渥美清さんです。『役者が道を歩いていて、役名で呼ばれるなんて大変なことなんんだぞ』って。」と語っている。

今日は、ちゅらんさんも寅さんもあるので、自分にとっては至福の土曜日の夜になりそうだ。美味しいお酒でも飲みながらゆっくり見よう。

posted by JOJO at 08:43| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

NHK紅白歌合戦レビュー

紅白にゲストでほしのあきがいつもの格好で出演していたので、妻に「堅物の人はけしからんと言ってるだろうな」と話していたら、後でもっとすごいことになっていた。

DJ OZMAなるアーティストの概要は、自分的には依然未明のままであるが、ああいう演出をするのは「想定外」のことでもなさそうで、過剰なお色気がマズイと思えば、最初から出演させない判断が懸命だったのだろう。
あるいは、今年はNHKも密かにお色気作戦を狙っていたか。

それにしても、ほしのあきのおっぱいをけしからんと思っていた人は、DJ OZMA演出で何人か失神しただろうな。

自分は、DJ OZMAの演出をけしからんとは思わないが、自分が紅白に求めるイメージとは違うなという印象。あの天気予報のおねえさんくらいで丁度良い。
posted by JOJO at 17:26| 香港 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

ウルトラマンメビウスが熱い

ウルトラマンメビウスがおもしろい。おもしろい理由は単純で、この作品が久々にウルトラ兄弟やウルトラの父母が登場する世界観のもとで描かれているからである。

初めてウルトラマンを見る子供にとっては、そんなことはどうでも良いことなのだろうが、ウルトラマン〜ウルトラマンレオを子供の時に見てきた自分としては、M78星雲光の国と無関係の世界を描かれてもちょっとなあ〜と思ってしまう。

ちなみにウルトラマンメビウスはウルトラマンタロウが教官という設定である。何回か前の放送ではタロウがメビウスのピンチにやってきたりしている。泣かせるじゃないか。

9月に公開された映画版では、還暦をすでに超えたハヤタ(黒部進)やモロボシダン(森次晃嗣)らも登場。ウルトラマンシリーズ誕生40周年記念作品としてふさわしいものになっている。

なお、番組のホームページを読むと、あのゾフィの人間体が明らかになる?と意味深な記載もあり、今後の注目度も非常に高くなっている。

でも、たぶんサコミズ隊長なんだろうな、ゾフィは。



posted by JOJO at 20:57| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

夏の日の恋〜ウルトラマン

このブログで去年の自分の書いたことを眺めていたら、当時4歳だった子供が熱中していた魔法戦隊マジレンジャーのことを多く書いている。
マジレンジャーが終わった後は、不経済な戦隊シリーズは卒業させ、セイザーX一本に絞っていたが、セイザーXも終わってしまった。
もうこれでこういうヒーローものとは決別できるのかと思っていた夏のある日、子供は永遠のヒーローと出会ってしまう。

ウルトラマン。

夏休みに会った年下の従兄弟がウルトラマンのソフビをたくさん持っていたのに触発され、ウルトラマンに目覚めてしまった息子。

今、うちの中はウルトラマンのソフビで一杯になっている。
posted by JOJO at 16:39| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

魔法戦隊マジレンジャー(2月12日放送分)レビュー 最終回

ひねらない理想的なハッピーエンド。ン・マを最終的に倒した必殺技が家族パワーの結集だったことを考えると、マジシャインとマジブルーの急な結婚話も納得。ラストシーンが食卓での家族団らんだったのも予想通りで良かった。強いて言えば、山崎さんが最後の食卓に加わっても良かったし、改心したティターンも生き返らせて欲しかった。この2点を引いて、最終回は98点。

長男に、録画した最終回のビデオを見せながら、「これでマジレンジャー最後だよ」と言うと、「大丈夫、大丈夫、巻き戻せば見れるから」と長男。確かにな。

子供の時にゴレンジャーを見て以来の戦隊シリーズでしたが、長男と一緒に(時には長男以上に)大いに楽しみました。

わが家では、今後は「セイザーX」に絞るべく、新しい戦隊シリーズの「ボウケンジャー」はないことにしようと計画中。うまくいくかな。続きを読む
posted by JOJO at 21:51| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

魔法戦隊マジレンジャー(2月5日放送分)レビュー

う〜む、ウルザードファイヤーがあっさり絶対神ン・マにやられてしまう展開はいまいちだったな。

結局映画の時と同じく、マジレッドの火事場のなんとかが最後の切り札?ここらが子供番組の限界なのか。
posted by JOJO at 21:53| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

魔法戦隊マジレンジャー(1月29日放送分)レビュー

マジレンジャーが魅せる不思議な力に興味を持ったスフィンクスが裏切り、もったいない、どうせ裏切るならマジレン側に寝返ればよいものを。

一方、先週ウルザード・ファイヤーでかっこよく復活したマジレンパパは、今週はただの花嫁の父へ変身。マジシャインとマジブルーの結婚式のために、魔法で部屋を教会へ変える超魔法を披露。

そこへ、傷ついたリンが現れ、マジトピアが絶対神ン・マによって全滅されされたと告げる。

怒濤の残り2回、魅せてくれます、マジレンジャー。
posted by JOJO at 21:47| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

魔法戦隊マジレンジャー(1月22日放送分)レビュー

それにしても強い強い、天空聖者ウルザード・ファイヤー。

もう、パパだけで絶対神ン・マも倒せるのではと思わせる勢いでした。

ウルザード・ファイヤーのおもちゃが欲しくなりました。マジレンジャーの主役はウルザードだったんですね。
posted by JOJO at 22:31| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

「仮面ライダー響鬼」最終回

違う道は歩んでも師弟であることは変わらないと確認しあう、響鬼と明日夢。

「心が震える」ラストシーンでした。じーん。

posted by JOJO at 15:40| 香港 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

マジホワイトじゃないよマジマザーだよ

マジレンジャーのマジマザー役の渡辺梓さんは、無名塾の所属で1989年10月〜放映のNHK連続テレビ小説「和っこの金メダル」のヒロインでTVデビューされています。

NHKの連続テレビ小説は6ヶ月間放映されているはずですが、この番組自体記憶にないです。

posted by JOJO at 21:19| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

魔法戦隊マジレンジャー(1月15日放送分)レビュー

冥府神ティターン裏切りへ。うーん話が大詰めを迎えても展開をひねってきますね。冥府神スフィンクスやスレイプニルは、今後どんな役割を果たすのでしょうか。子供番組ながら、展開も読めないし、目が離せません。

最近マジレンに戻ってきた息子は、今回の複雑な展開についていけず、あまり熱心に見ていませんでした。
posted by JOJO at 22:02| 香港 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

西遊記

異例のフジテレビ月9「西遊記」。
昔日本テレビで放映していた「西遊記」を彷彿とさせる内容で、歌もなんとなくゴダイゴの雰囲気がありました。
音楽を最初に好きになったのはゴダイゴなので、あの歌の感じはたまらないです。

♪ガンダーラ ガンダーラ



posted by JOJO at 22:23| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

魔法戦隊マジレンジャー(1月8日放送分)レビュー

冥府神ティターンが実は強かったなんて、思わぬ展開。今回敗れ去ったかに見えたウルザードもウルザードファイヤーとしてパワーアップして復活するみたいです(『てれびくん』に書いてあった)。子供番組ながらよく考えてあるなと、改めて感心しました。

一時期マジレン離れが進んだ子供も最近またマジレンに戻りつつあるようです。理由は不明ですが。
posted by JOJO at 21:03| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

てれびくん

今日子供に『てれびくん』を買ってやると、1月下旬から新しく始まる「仮面ライダーカブト」の大特集が組んであった。
魔法戦隊マジレンジャーと仮面ライダー響鬼は、始めて見始めたスーパーヒーロータイムなので、終わるとなると寂しい限りです。
子供は、あっさり新シリーズな馴染むのかなあ。
posted by JOJO at 22:22| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

魔法戦隊マジレンジャー(12月25日放送分)レビュー

今回の敵はマジレンジャーたちの母を捕らえている冥府神トード。次回にかけて、母も救出されそうな展開。

それにしても、次回からウルザード対冥府神の戦いもありそうな気配でそれが非常に楽しみ。
あまり強そうでない冥府神がまだ残っていたのはウルザードに倒されるためだったのか。
posted by JOJO at 22:55| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。